最終更新日: 2020.09.21

チコリで おなら が でやすいのは なぜ?

イヌリンの多く含む食品を食べると
「お腹が張ってくる」
または
「おならがよく出る」人がいます。

実は
私もそうでした。
これを解決するためには
イヌリンを少量ずつ
毎日とっていると
私の場合にはなくなりました。

でも
どうして
イヌリンを食べると
「お腹が張ってくる」
「おならが良く出る」のでしょうか?

実は
「お腹が張ってくる」
「おならが良く出る」は
腸内細菌が
「元気に動き始めた」証拠
なのです。

もう少し
詳しく知りたい方は
以下をどうぞ。。。

腸内細菌のエサ、イヌリン

イヌリンを多く含む食品を食べると
私の場合には
便通がとても良くなります。

イヌリンは
食物繊維
特に
「水溶性食物繊維」
の1種として分類されます。

そのため
イヌリンは
もっとも単純な
小さいグルコース(ブドウ糖)
にまで分解されることはなく
胃から
腸までたどり着きます。

そこで
イヌリンは
腸内細菌たちによって
消化・吸収されます。

健全な腸には
腸内細菌が
1000種類
100兆個ほども存在しているといわれ
重さでいうと
約1-2キログロムにもなります。

イヌリンがつなぐ腸内細菌と私たちの身体

イヌリンを食べた腸内細菌は
その代謝物として
短鎖脂肪酸を出します。

具多的には
「酢酸、酪酸またプロピオン酸」などが
作られます。

そして
すべて
栄養として
私たちの体の中に吸収されます。

つまり
食物繊維は全く吸収されない
というわけではなく
腸内細菌を介して
私たちの体に
栄養を与えてくれている
のです。

イヌリンによってガスが発生

では
「おならがでやすい」
また
「お腹の膨満感」は
どうして
おこるのでしょうか?

腸内細菌が
イヌリンを消化すると
短鎖脂肪酸と同時に
水素ガス
二酸化炭素ガスなどを
出すのです。

それらのガスが
「おなら」となってでてきます。
また
これが
「お腹の膨満感」を引き起こす原因です。

つまり
「おなら」や
「お腹の膨満感」は
腸内細菌が
イヌリンを食べて
活発に活動している証拠なのです。

腸内細菌たちによっては
大好物の食べ物(イヌリン)が
ドンドンとあるため、
ドンドンと増殖し
そして代謝をします。

「おなら」や「お腹の膨満感」を抑えるには

私の場合に
「お腹の膨満感」や「おなら」を
抑えるためには
毎日少しずつのイヌリンを
摂取する
とおさまりました。

食物繊維は腸の環境を整え、
腸管バリアを健全に保つためにも
大切な食べ物です。

現代の
私たちの食生活では
食物繊維が
特に不足しているため
意識してイヌリンを含む
食べ物を取り入れたほうが良いです。

特に
若い世代ほど
食物繊維の摂取量が少ないです。

アレルギーが増えているのも
食物繊維の不足が原因の1つです。

菊芋、
ごぼう
またチコリ
そして
玉ねぎやニンニクなど
イヌリンを多く含む食べ物を
毎日食べるようにしましょう。

最近の記事

  1. 便秘

    便秘解消 は 慢性炎症 の予防にもなる.
  2. 便秘

    チコリコーヒーをプレゼントに おすすめする理由
  3. 美肌

    新垣結衣の 腸活を調べて意外だったこと
  4. 美肌

    柴咲コウの腸活は 発酵食ともう1つ
  5. 便秘

    自作おからパウダーで便秘解消
PAGE TOP