酵母由来 βグルカンの効果

パン酵母のβグルカンが
どれほど便秘への効果があるかを
2つご紹介します。

1つ目は
59名の平均年齢19.5歳の方に対して
1週間パン酵母から調整したβグルカンを
食べてもらいました。

2013年の神奈川工科大学の研究です。

パン酵母由来のβグルカンが
「免疫力」を活性化したり
アレルギーの症状を軽くしたり
することはこれまでわかっていました。

また血液中のコレステロール値を
低くすることも知られています。

しかし
お腹については
報告がありませんでした。
「整腸作用」ともいいます。

比較のために
とうもろこしを同じ量だけ食べてもらいました。
食べてもらう量は
250ミリグラムカプセル1粒程度です。
これを朝と夜2回食べてもらい
合計500ミリグラムとしました。

その結果
残念ながら「便の回数」については
摂取する前
またとうもろこしを食べたグループと比較しても
全く変化はありませんでした。

しかし
パン酵母由来のβグルカンが
全く無駄だったわけではありません。

便の質が良くなりました。

理想の便とは
スルッとでる便です。

βグルカンのグループでは
水分量が適度に増え
排便しやすい便の状態に変わったのです。

そのため、
スムーズに排便が出来るようになった人が増えました。

2つ目の研究は
高知大学医学部看護学科からです。
対象者は平均年齢49歳の女性9名です。

特に便秘に悩んでいる女性を選び
βグルカンの効果を見ています。

酵母由来のβグルカンを
20グラムをご飯に混ぜて
2週間食べてもらいました。

結果として
先程の研究と同じように
排便がスムーズに排便ができるようになり
排便時の不快感が減りました。

一方、
排便の回数が増えた人は30%の人で認められました。

いずれの研究報告でも
酵母由来のβグルカンを摂取したことにより
特に悪くなる症状はありませんでした。

また1つ目に紹介したパン酵母由来のβグルカンと
2つめに紹介した黒酵母由来のβグルカンともに
共通しているのは

「便の水分量を適度に増やす」ことで
「便の質が良くなる」と言うことです。

そのため
すぐスムーズに排便ができ
お尻の部位を傷つけることも少なくなります。
回数については人によって違うみたいです。

まとめると
今回の結果から
「酵母由来のβグルカン」は体調を壊す心配もなく、
便の質を高め、
排便時にスムーズに出るようになる
可能性があります。

最近の記事

  1. 便秘

    妊婦さんに危険な便秘薬. [足がつる] [筋力が弱った]と感じる方は注意!
  2. 便秘

    便秘解消 は ダイエット につながる. 効果を感じた3つの方法
  3. 便秘

    チコリコーヒーを比較. おすすめを味, 質 や 効果から選んだ.
  4. 便秘

    便秘解消には3種類の乳酸菌を摂る
  5. 便秘

    肌のトラブルの原因は腸にあり
PAGE TOP