βグルカンの 選び方

βグルカンは
いろいろな食材に入っています

例えば
穀物類、キノコ類また海藻類です。

βグルカンは
ブドウ糖のつながった
糖質の仲間です。

天然糖ですね。

ブドウ糖のつながり方によって
βグルカンの形が少しずつ変わってきます。

オートミールやシリアルから
抽出されるβグルカンは「まっすぐな形」。

きのこ、海藻、酵母から
抽出されるβグルカンは
「出っ張った形」になります。

これらのβグルカンの形によって
身体への効果も変わってきます。

つまり
βグルカンを摂るときに
「どういった食材から」とるのか?

また
サプリでβグルカンを補うのであれば
「なんの材料で作られた」
βグルカンなのか?
が大切になってきます。

βグルカンの歴史

1958年にβグルカンが酵母から抽出され、
免疫系を活性化するという報告がされました。

人は年とともに
「免疫力」が衰えてきます。
これを「免疫老化」といいます。

βグルカンを
普段から摂取することで
「免疫力」を底上げすることが
できるということです。

ガン細胞の増殖を抑えるために
βグルカンが使われることもあります。

「アガリクス」と言う名前を
聞いたことがあるかもしれません。

今でも民間治療や
漢方として使われています。

βグルカンに関する最近の研究では
もっといろんなことがわかってきました。

βグルカンの効果

3つの効果を紹介します。

βグルカンの「さびとり効果」

「抗酸化効果」とも言います。
年とともに身体は「さびつき」ます。

呼吸をするたびに
活性酸素と呼ばれる
酸化物質ができるからです。

βグルカンはこの活性酸素を
除去することで
身体の「さびとり効果」を発揮します。

βグルカンの「高脂血症予防」

βグルカンがコレステロールの吸収を防ぎます。

βグルカンの「腸内環境改善」

腸内では
βグルカンが
短鎖脂肪酸をつくる材料となります。

βグルカン効果はどうやって?

βグルカンは消化されずに
腸まで達します。

そこで
βグルカンを受け取る細胞が
腸内の粘膜にいることがわかってきました。
特に小腸にいる
「M(エム)細胞」と呼ばれる細胞です。

(つづく)

最近の記事

  1. 便秘

    渡辺美奈代 の 酵素・発酵生活 が 美肌 の 秘訣
  2. 便秘

    便秘解消には3種類の乳酸菌を摂る
  3. 便秘

    チコリ入り青汁は腸活に役立つか?
  4. 便秘

    イヌリンを含むチコリコーヒーで便秘解消できるわけ.
  5. 美肌

    神田うの こだわりオイルが老化を防ぐ
PAGE TOP